CotoCoto 大幸住宅 株式会社

TOP > スタッフブログ

スタッフブログ

資料請求・お問い合わせ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

Yes I can

全身全霊をモットーに働くライフナビゲーターのゆうすけくんの全力のブログ

<< 猫愛床@ >>
2015年06月14日

床A


フロアはお互いが接する個所には
凸凹に、実<さね>加工がされています。
一枚貼って、凸の出っ張りの部分を、斜めにフロア用の釘で留めて、凹の部分を差し込むと
釘が見えず、平らにフロアを貼っていくことができます。

DSC07161.jpg

ボンドを付けて、先に貼ったフロアの凸(雄実)に
次貼るフロアの凹(雌実)を差し込み、叩いて隙間を埋めて釘で留める。

DSC07158.jpg

コレを繰り返していきます。

今回使ったカリンフローリングは、長さが1820の規格なので
長さを加工しながら、継ぎ目が揃わないように貼り合わせていきます。

DSC07170.jpg

親方がフロアを貼っていく横で、僕は既存の床との取り合いに、
押えの部材を貼って、段差を解消するための作業。

境目の長さと、壁の凸凹に合わせて、押え部材を加工。
両面テープで床にくっつけた後、キリで穴をあけて

DSC07165.jpg

虫ピンのような細い釘を打って、留めつけて完了。

DSC07164.jpg

なかなかのもんじゃない!?

DSC07173.jpg

という感じで無事フロア施工完了!
綺麗に仕上がりましたし、雰囲気もとても良くなりました!

何より、「ありがと〜!」って喜んで頂けるお施主さんの顔が一番嬉しいね!
特に今回は自分の体使って、作業したからでしょうね。

Yu.


<< 猫愛床@ >>
この記事へのコメント コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

CopyRight c 大幸住宅 株式会社 All rights reserved.【掲載の記事・イラスト・写真などの無断複写・転載等を禁じます。】